スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第166回街屋集団定例会 2010年5月30日

『中崎町しもたや遊び』 
渡部 里美/「大人組」編集長、「The Whisky World」「The Beer&Pub」発行人。
      プラネットジアース代表取締役


『中崎町しもたや遊び』というテーマで、雑誌「大人組」編集長・渡部里美氏のご案内により、改めて中崎町のまちあるきを。そして、渡部氏がその中崎町で古い「しもたや」を自らの手で改造し、あるユニークな本屋+カフェ+BARをオープンさせるべく奮闘中の現場を見学させて頂く、という貴重なものでした。

まずは、2006年9月街屋まちあるきで訪れて以来の“残りつつ変わる”中崎町再訪。古く地味でこぢんまりとしたビルの外観とはうらはらの、プチショップの迷宮/中崎町名所的なサクラビル。多少お店の入れ替わりがあるようですが、まだまだ人気のスポット。そして渡部氏オススメの“世界一美味しいお好み焼き屋”さんや、アーティスティックな手描きプリントTシャツ屋さんを探訪。中には閉店したり、オーナーや業態が替わったお店もあるようですが、中崎町は路地の奥まで雑貨店やカフェがさらに増え、週末は森ガールや草食ボーイでますます賑わっています。

そしてそのまま、渡辺氏が「近日」オープン予定の「しもたや」へ。こちらは、渡辺編集長が出版された数々の本のバックナンバーに加え、取り次ぎから定価より安い卸値で提供される、いわゆる「バーゲンブック」の中から掘り出し物を厳選して取り揃えるという本屋。そしてその本をネタに気軽に飲み、語りあえるサロンのようなセルフカフェ+ワンコインBAR(になる予定)。

もと探検部OBで、ログハウスなども建てられたという渡辺氏がほぼ手作りで改装中の1階店舗スペースは、白くシンプルで開放感のある空間。中崎町にこの空間を持とうとされたいきさつや、この物件の家賃について、2,3階は手を入れなければ使えなさそうな状態だったこと、最近の中崎町事情など、ここだけのウラ話の数々をカフェに集うようなリラックスした気分で伺うことが出来ました。
スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
事務局スタッフ・ご意見募集
街屋集団では事務・運営をお手伝いいただける事務局・ボランティアスタッフを募集しています。
また、参加したい企画やまち歩きの場所、話を聞いてみたい講師の方、街屋集団に対するご意見・ご希望などございましたら、事務局まで気軽にお知らせください。
全記事表示

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。