スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第144回街屋集団定例会 2008年5月31日

ケーキとお好み焼きが日本の街を作る
三宅 正弘/武庫川女子大学生活環境学部兼生活美学研究所 准教授


都市計画などが専門で、ユニークな街づくりを紹介・提案し続ける気鋭の地域計画家、三宅正弘さんをお迎えし「ケーキとお好み焼きが日本のまちを作る」をテーマに、阪神間モダニズムの香りを色濃く残す北新地のカフェ、カーサ・ラ・パボーニにて開催。
途中三宅さんを囲んでの街屋スタッフ厳選のスイーツとお茶の美味しい時間もご用意しました。

阪神間は全国でも有数の工房型ケーキ店の集まる地域ですが、
近年は郊外のニュータウンにも工房型ケーキ店が進出盛んになっているようです。
そこにケーキ屋さんとまちとのどんな関わりが見えて来るのか。

一方、昔ながらの下町にあるお好み焼き屋さんは、
単にお好み焼きを食べるだけの場所ではなく、
知らずしらず、まちの中でもっと大切な役割を果たしていたようです。
スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
事務局スタッフ・ご意見募集
街屋集団では事務・運営をお手伝いいただける事務局・ボランティアスタッフを募集しています。
また、参加したい企画やまち歩きの場所、話を聞いてみたい講師の方、街屋集団に対するご意見・ご希望などございましたら、事務局まで気軽にお知らせください。
全記事表示

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。