スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第124回街屋集団定例会 2006年6月14日

建築とまちづくり-都市との関係性を考える
鈴木裕幸/三菱地所設計 大阪支店担当課長 


今や街屋集団の中心メンバーのひとりでもある鈴木氏が東京で関わられたBIGプロジェクトの紹介を通じ、氏のまちづくりの考え方を披瀝して頂きました。

「設計はコミュニケーション=対話」を原点とする。
それを実践した東京都中央区築地のと東京都千代田区二番「二番町ガーデン」をビジュアルでご紹介頂きました。

時系列で「ADK松竹スクエア」から説明頂き、銀座側と築地側の環境に配慮したコンセプト。

「二番町ガーデン」は長年に渡る地域住民との対話の末、超高層化から中高層化に変更し平面での増床に工夫を凝らし、壁面緑化も加えて地域環境に配慮されたそうです。

オフィス、共同住宅、店舗の複合施設で大規模だけに地域への影響力は非常に大きいものでした。

参加者からも設計コンセプトは賛同を得、多くの関心を持った質問が活発になされました。
スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
事務局スタッフ・ご意見募集
街屋集団では事務・運営をお手伝いいただける事務局・ボランティアスタッフを募集しています。
また、参加したい企画やまち歩きの場所、話を聞いてみたい講師の方、街屋集団に対するご意見・ご希望などございましたら、事務局まで気軽にお知らせください。
全記事表示

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。